成長過程で包茎のなら治療を

成長過程で包茎のなら治療を

男性は成長をする過程でほとんどの人が経験することのあるお悩みとして包茎があります。
幼児期は性器の亀頭が皮に覆われていますが、これは亀頭と皮がくっついている状態なので、包茎という状態ではありません。
思春期を迎えてくると、次第にこのくっつきがとれてくるのです。しかしこの過程で亀頭の成長が遅い場合や、皮の量が多い場合は亀頭に皮がかぶっている状態が続きます。

ここで悩む人も多いので自分がどの症状か確認することが大切です。
仮性包茎の場合は平常時は亀頭の一部か全部が皮に覆われている状態です。
しかし勃起時にはスムーズに皮がむけて亀頭が出るタイプのものです。

解決すべきポイントとしては皮が覆っている状態が長く続くために不衛生になりやすいということです。
真性包茎とは完全に皮に覆われた状態で平常時も勃起時も皮に覆われているのです。この場合も不衛生になりやすいということと、刺激に弱くなってしまうこともあります。

いずれの場合も治療をすることができます。治療をすることへの恥ずかしさもあるかもしれませんが、包茎のままにしておくほうが恥ずかしさやリスクも大きくなってしまいます。

最近の治療の技術は進歩しているので、安心して治療をしてもらうことができます。

包茎手術・包茎治療を姫路市でするならココがお勧め!評判と口コミへ

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ